宅地建物取引士資格試験の「媒介契約書の交付」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「媒介契約書の交付」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

媒介契約書の交付

後から依頼内容についてトラブルが発生しないように、宅建業者は売買・交換の媒介契約を締結した時は遅滞なく、媒介契約書(34条書面)を作成し、記名押印し、依頼者に交付しなければなりません。

注意すべき点は、

  • 賃貸借契約の際は必ずしも、媒介契約書の交付義務はない
  • 媒介契約書に記名押印するのは宅建業者であり、取引士でなくてもよい
  • 媒介契約書御説明は、誰でもよい

媒介契約書面の記載事項

下記内容について、しっかり覚える必要はありません。サラッと見て「こんなものかー」くらいでよいでしょう。

  • 物件の所在
  • 売買すべき価額または評価額
  • 媒介契約の種類(一般・専任・専属のどれか)
  • 有効期間および解除
  • 指定流通機構(レインズ)への登録の有無
  • 報酬について
  • 既存建物(中古建物)の場合:建物状況調査(構造耐力上主要な部分又は雨水の侵入を防止する部分の状況調査)を実施する者のあっせんに関する事項(平成30年度の法改正内容
    ⇒ 建物状況調査を希望する依頼者に対して、宅建業者が調査業者をあっせん(紹介)するかどうか
  • 違反に対する措置
  • 標準媒介契約約款に基づくか否か
宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について