宅地建物取引士資格試験の「取引士証の交付、有効期間、書換え、提出・返納」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「取引士証の交付、有効期間、書換え、提出・返納」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

取引士証(宅建士証)の交付、有効期間、書換え、提出・返納

取引士証の交付、有効期間については、宅地建物取引士の概要でご覧ください。

取引士証(宅建士証)の書換え申請

取引士の住所・氏名に変更があった場合、変更登録申請とともに主任者証の書換え申請しなければなりません。

取引士証書換え|宅建通信

取引士証の提出・返納

事務禁止処分を受けた場合、交付を受けた都道府県知事に主任者証を提出しなければなりません。
事務禁止期間が満了したら、本人が返還請求しないと主任者証は戻ってきません。
知事が自ら返還することはありません。

登録が消除された場合、主任者証を返納しなければなりません。

取引士証の提示

重要事項を説明する時」、「取引関係者から請求があった場合」は主任者証を提示しなければなりません。
※重要事項を説明するときは相手からの要求がなくても提示が必要です。
また契約書を読むときは、提示しなくても構いません。

従業者証明書については、取引士も含め、宅建に従事する者は皆、携帯しなければならないのですが、これも「取引関係者から請求があった場合」は提示しなければなりません。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について