停止条件の動画解説|宅建通信講座

宅建合格のための「停止条件」の学習すべき点は?

停止条件のポイント

停止条件とは、「将来発生することが不確実な事実」を「契約の効力の発生要件」とする場合の「不確定な事実」をいいます。
そして、停止条件付きの契約では、条件が成就すると契約の効果が発生します。それまでは一時停止の状態というわけです。

例えば、Aが「Bが宅建に合格したら、この土地をBにあげるよ」という贈与契約をAB間でしたとき、「Bが合格すること」が停止条件であり、「Bが合格すれば」条件が成就したことになります。

  • 条件の成就を故意に妨げると、条件は成就したものとみなされる
  • 条件の成否(成就・不成就)が未定の間は、相手方の利益を妨げてはいけない
宅建通信講座

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について