特別用途地区と特定用途制限地域

宅建試験に関連する特別用途地区と特定用途制限地域のポイント

特別用途地区と特定用途制限地域の違い

特別用途地区とは

まず覚えるべき点は、「特別用途地区」は用途地域内」に定める地区であるということです。

特別用途地区」が用途地域の指定がないところに単独で指定されることはありません。

ここは絶対押さえてください!

あとは、特別用途地区のイメージができればそれで十分です。

特別用途地区は、ベースとなる用途地域との関係を十分に考慮した上で、当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護などの実現を図ることを目的とした地区

を言います。

地区と地域を間違えて、「特別用途地域」と間違えて覚える方もいますが、得点には関係しないので、気にしなくても大丈夫です。

間違って覚えていても宅建試験で得点はできます。

特定用途制限地域とは?

特別用途制限地域とは、用途地域が定められていない非線引き都市計画区域または準都市計画区域において指定されるものです。

上記点だけ覚えておけば、宅建試験で得点はできます!

ちなみに、特別用途制限地域はどういった地域かというと
上記、用途地域が定められていない非線引き都市計画区域または準都市計画区域の区域の良好な環境を形成・保持するため、人の集中・騒音・振動などを発生させるおそれのある施設等の建設が制限される区域です。

文字通り、特定の用途の建物が建てられないように制限する地域です!

また、地区と地域を間違えて、「特別用途制限地区」と間違えて覚える方もいますが、得点には関係しないので、気にしなくても大丈夫です。

間違って覚えていても宅建試験で得点はできます。

宅建メルマガ

関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について