宅地建物取引士資格試験の「道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、日影規制」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、日影規制」の学習すべき点は?

道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、日影規制

道路斜線、隣地斜線、北側斜線、日影規制で重要なポイントは適用範囲です。
覚え方は下記図をみて覚えた方がいいでしょう。
×(バツ)の部分が適用がないということです。
表の左からあいうえお順で並んでいます。
きた側⇒どう路⇒にち影⇒りんち斜線

北側斜線 道路斜線 日影規制 隣地斜線
①低層住居専用地域 ×
②中高層住居専用地域 ×
(日影規制
がある場合)
     
③住居地域 ×
     
④準住居地域 ×      
⑤近隣商業地域 ×      
⑥商業地域 ×   ×  
⑦準工業地域 ×      
⑧工業地域 ×   ×  
⑨工業専用地域 ×   ×  

ポイントをまとめると

  • 低層住居専用地域では隣地斜線制限の適用はない
  • 低層住居専用地域、中高層専用地域は北側斜線制限の適用がある
  • 商業地域、工業地域、工業専用地域は日影規制の適用がない
  • 道路斜線制限は全ての地域で適用がる

北側斜線制限

建物北側の上層階が斜めに切られたようになっているのは北側斜線制限を受けているためです。
建物の北側の建物の日光をとるためです。
あなたの家の建物の南側に高層階の建物が建てられると、日光が入らなくなるわけです。
そのために、北側斜線制限をすることで最低限の日光を確保しようということですね。

道路斜線制限

前面道路の反対側の境界線から、建築物の敷地の上空に向かって用途地域別に定められた勾配で線を引きます。 すると、建築物は、その斜線の内側に建てなければなりません。
あまり重要ではないので、これくらいにしておきます。

隣地斜線制限

隣地境界線より一定距離外側の線上の高さ20m又は31mの位置から建築物の敷地の上空に向かって、用途地域別に定められた勾配で斜線を引きます。 そして建築物を建てるときは、その斜線より内側に建てなければいけないということを隣地斜線制限といいます。
あまり重要ではないので、これくらいにしておきます。

日影規制

建築物が隣地に落とす日影の量を規制することで間接的に建築物の高 さを制限し、隣地の日照を確保する目的とした規制です。
あまり重要ではないので、これくらいにしておきます。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について