宅地建物取引士資格試験の「絶対高さの制限(低層住居専用地域)」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「絶対高さの制限(低層住居専用地域)」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

絶対高さの制限(低層住居専用地域)

まず、「第一種・第二種低層住居専用地域」および「田園住居地域」内においては、建築物の高さは、原則として10メートルまたは12メートルのうち、当該地域に関する都市計画において定められた建築物の高さの限度を超えてはなりません。
これを絶対的高さ制限と言います。
これは「低層住居専用地域」と「田園住居地域」のみの制限なのでその他の地域には適用されません!

低層住居専用地域は、主に一戸建ての住宅地を想定している地域でしたよね。
ですから、あまり高い建物は建ててはいけないわけです。
個人の一戸建て住宅には必要ないとも言えますね。

また、田園住居地域についても、農地と低層住宅がバランスよく配置される地域なので、高い建物は建ててはいけないわけです。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について