宅地建物取引士資格試験の「建築基準法」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「建築基準法」の学習すべき点は?

建築基準法

建築基準法とは、建物の建築に関して、最低限守ってほしいルール(基準)のことです。
この基準は、原則、都市計画区域・準都市計画区域内でだけで適用される集団規定(道路と敷地の関係など)と日本全国で適用される単体規定(建物の敷地や構造など)があります。
そして、これらをチェックするのが建築確認制度です。

集団規定がなぜ、都市計画区域と準都市計画区域内だけ適用されるかというと、これらの区域は計画的なまちづくりをめざしています。だから、建物の集団が良好なまちなみになるように、道路と敷地などの関係を規定しているわけです。

建築基準法が適用されないもの

文化財保護法で、国宝、重要文化財に指定されている建物、既存不適格建築物建築基準法の適用はありません。

既存不適格建築物とは、簡単にいえば、建築基準法が作られる前の建物です。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について