宅地建物取引主任者資格試験の「取得時効完成前に現れた第三者との対抗問題」を解説

宅建合格のために必要な「取得時効完成前に現れた第三者との対抗問題」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

取得時効完成前に現れた第三者との対抗問題

A所有の土地をCが善意無過失で占有を開始した。その後、Aがその土地をBに売却し、Bに所有権の移転登記を行った。 その後も、占有者Cは占有し続け、時効が完成した。この場合CはBに対抗できるのだろうか?

取得時効完成前に現れた第三者の関係

この場合、Bが先に登記をしているにも関わらず、その後に時効完成した占有者CはBに対抗できます。

理由は、そもそも、真の所有者Aと占有者Cとは当事者に類似した関係です。その後、その土地をBが購入したため、BとCが当事者に類似した関係となります。

取得時効を考えれば、占有者は時効が完成すれば、その時占有者に登記がなくても土地所有者(B)に対抗できるので、占有者は取得時効完成前に現れた第三者に対抗できることになります。

理由は少し難しいので、結論だけ覚えても構いません!

では、取得時効完成後に現れた第三者との関係はどうでしょうか?
⇒ 取得時効完成後に現れた第三者との対抗問題

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について