宅地建物取引主任者資格試験の「相隣関係(囲繞地通行権とは)」を解説

宅建合格のために必要な「相隣関係(囲繞地通行権とは)」の学習すべき点は?

上記個別指導の募集終了まで あとカウントダウン

相隣関係(囲繞地通行権とは)

相隣関係は、所有権が関わる「囲繞地通行権(いにょうちつうこうけん)」と建築基準法が関わる内容の大きく2つに分かれます。ここでは、囲繞地通行権について、ご説明していきます。

囲繞地通行権

他の土地に囲まれて、他人の土地を通らなければ、道路に出られない土地があります。
このような土地を袋地(ふくろじ)といいます。
袋地を取得した者は、土地を囲んでいる他の土地に最も損害が少ない方法であれば、所有権を備えていなくても当然に通行することができます。
これが囲繞地通行権です。
そして、通行するには、償金を支払う必要があります。(土地分割や一部譲渡によって袋地が生じた場合は無償です。)
この償金について、通路の開設のために生じた損害金は一度に支払わなければいけませんが、それ以外の償金は、1年ごとに払うことができます。

  • 通行方法は土地を囲んでいる他の土地に最も損害が少ない方法でなければならない
  • 原則、償金を支払う必要がありますが、土地分割や一部譲渡によって袋地が生じた場合は無償です。

 

宅建メルマガ

関連記事
所有権  /  相隣関係(囲繞地通行権)  /  根・枝の切除、切取権  /  共有  /  地役権  /  地上権  /  物権

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について