宅地建物取引主任者資格試験の「物権」を解説

宅建合格のために必要な「物権」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

物権

物権とは簡単にいえば、「物」を支配するための権利です。
⇒ 物権と債権の違い
一番分かりやすい例が所有権です。
所有権は、その物を支配しているからこそ、自分で「使ったり」、「人に貸したり」、「売却したり」できるわけですよね。
それでは物権にはどのようなものがあるかを示します。

所有権
所有権以外 用益権 地上権
永小作権
地役権
担保物権 抵当権
留置権
先取特権
質権

占有権とは
所有権の有無に関わらず、事実上、その物を支配している場合に占有を正当化するための権利で、一応、物権です。
ただし、他の物権と異なり、その権利を持って他の人に対抗したりすることもできません。

物権的請求権

所有権は、その物を支配する絶対的な権利であり、「妨害予防請求権」「妨害排除請求権」「返還請求権」があります。

妨害予防請求権
将来、物権侵害が生じる可能性がある場合に、予防を請求できる権利です。
例えば、隣地の崖が崩れそうになった場合、土地所有者は、崖の 所有者に対して、予防工事を請求できます。
妨害排除請求権
所有者が物を奪われる以外の方法で、物権の侵害が生じている場合に、妨害の排除を請求できる権利です。
例えば、隣地の崖が崩れて自分の所有地に土砂が流れ込んだ場合、その土砂を排除するよう請求できます。
返還請求権
所有物が奪われた場合、物の引渡しや明渡しを請求できる権利です。
例えば、自分の土地に不法に小屋を作っていた物に対して、土地の明け渡し請求ができます。
宅建メルマガ

関連記事
所有権  /  相隣関係(囲繞地通行権)  /  根・枝の切除、切取権  /  共有  /  地役権  /  地上権  /  物権

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について