宅地建物取引士資格試験の「物上代位」を解説

宅建合格のために必要な「物上代位」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

物上代位

たとえば、お金を貸した担保として家に抵当権を設定している場合、債権者は「家の価値」を担保として把握しています。
もし、担保としていた物が無くなったりしたら、債権者は困りますよね。
そこで、担保が無くなった代わりに別の価値あるものに変わった場合、その変わった物(価値変形物)についても担保権の効力を認めよう!というのが、物上代位です。
下図では、家が火災で倒壊して、火災保険が降りる場合です。
「家という価値」が火災によって「保険金」に変わったわけです。

なので、保険金に対しても担保権を認めようということです。
物上代位をなすには保険金が払い渡される前に差押えをする必要があります。

物上代位

その他、物上代位できるものの例として、不動産の収益としてあがってくる賃料債権も、覚えておきましょう。

留置権は物上代位性が認められない

例えば、壊れた時計を修理に出し、修理完了後、所有者に引き渡そうとしたら、所有者が 「修理代金は後日払うから、先に時計を渡してくれ」と言いました。 この場合、時計屋さんは修理代金をもらうまで、時計を渡さないで(留置して)おけます。
その後、修理業者の過失なく、時計が壊れて、保険金がおりたとしても、その保険金から、修理代金に充てることができません。(=留置権は物上代位できない)

なぜなら、留置権とは相手が債務(修理代金を払う)を履行するよう促すために、物を留置する権利であって、その物(時計)の価値を担保する権利ではないからです。

留置権は物上代位できない点だけ覚えてもよいでしょう。
担保物権にはその他、質権、抵当権、先取特権がありますが、この3つは物上代位性があるので、宅建試験に出る可能性もあります。

宅建メルマガ

関連記事
担保物権と被担保債権  /  留置権  /  物上代位  /  質権  /  不可分性とは  /  先取特権  / 抵当権  /   抵当権の及ぶ範囲、被担保債権の及ぶ範囲  /  抵当権の効力(競売)  /  抵当権の順位  /  転抵当  /   代価弁済  /  抵当権消滅請求  /  抵当権と賃借人の関係  /  抵当権侵害  /  法定地上権  /   一括競売  /  根抵当権  /  抵当権に基づく差押と相殺の関係

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について