宅地建物取引士資格試験の「物上保証人」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「物上保証人」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

物上保証人

物上保証人は、自己の財産(不動産)をもって他人の債務を担保した者をいいます。すなわち担保提供者です。

下の具体例を見てください。
AがBから1000万円お金を借りました。
債務者Aは保証するものがないため、母Cの所有する土地を担保としました。
(通常、抵当権が設定されます。)
このことを物上保証と言います。
そして、物上保証した者を物上保証人と言います。

物上保証

物上保証の特徴

普通の保証人および連帯保証の場合ですと、万一、債務者が債務を弁済しない場合、保証人が弁済をしないといけません。
つまり、弁済の義務があります。

一方、物上保証人は、自己の財産の上に担保物権を設定しただけで、債務を負担したわけではないので被担保債権弁済する義務はありません。
つまり、物上保証人は、担保物件さえ提供すれば残債があっても支払う義務はありません。

被担保債権が弁済されなければ抵当権が実行され、物上保証人の当該財産が失われるだけで済みます。

 

宅建メルマガ

関連記事

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について