宅地建物取引士資格試験の「不法行為で発生した債権を受動債権として相殺できない具体例」を解説

宅建合格のために必要な「不法行為で発生した債権を受動債権として相殺できない具体例」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

不法行為で発生した債権を受動債権として相殺できない具体例

BがAに対してお金を貸していたとします。
しかし、Aはいつまでも経ってもお金を返してくれません。
ここで、「不法行為で発生した債権を受動債権として相殺できる」とすると、Bは返してくれないことを理由にぼこぼこにぶん殴って、Aに対して、敢えて損害賠償請求権を持たせ、Aから貸金債権と損害賠償債権を相殺だ!ということが可能になってしまうんです。

不法行為に基づいて発生した債権は自働債権としてなら相殺できる

こんなことがありえたら、この世の中が暴力事件が多発してしまいますよね。
この場合、加害者にしっかり、賠償させる必要があります。
つまり、被害者を保護するためです。 なので、不法行為に基づいて発生した債権を受動債権にできないとしたのです。
ただし、被害者から、相殺させてください!と主張するのは構いません。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について