宅地建物取引士資格試験の「相殺」を解説

宅建合格のために必要な「相殺」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

相殺

相殺とは
貸し借り、損得などを互いに消し合って、ゼロにすることです。

相殺   

上図でいうと、
AはBにお金を貸したのだから、AはBに対する貸金債権を有します。
また、BはAにお金を貸したのだから、BはAに対する貸金債権を有します。
お互いに貸したお金が同額であると仮定すると、AさんはBさんに
「債務を消滅させて!」と言えば、
Bさんの持っている債権とAんの持っている債権が相殺されて消滅します。

上記の場合、Aさんの持っている債権を自働債権(相殺しようとする側)、
Bさんの債権を受働債権(相殺される側)と言います。

ここでポイントとなるのがどういった場合に相殺できるのか?ということです。

相殺するための要件(相殺適状

相殺ができる状況を相殺適状と言います。相殺ができるための要件は以下の4つを全て満たさなければいけません。

相殺ができる場合
 1. お互いの債権の種類が同種であること
⇒金銭債権と金銭債権であれば相殺できるが、
金銭債権と引渡債権は相殺できないということ
  2. 自働債権が弁済期である
⇒受動債権(自分が相殺しようとしている場合の相手の債権)が弁済期でなくてもよい。

※ちなみに、時効によって消滅した債権であっても、時効消滅前に、相殺適状であれば、債権者は相殺をすることができます。

ただし、上記2つを満たしても相殺できない場合がございます。

相殺できない場合

相殺ができない場合
 1. 相手方が同時履行の抗弁権を持っている場合
同時履行の抗弁権を持って相殺できない具体例はこちらから
  2. 相殺禁止特約を結んでいた場合
  3. 受動債権不法行為に基づいて発生した債権である場合。
不法行為で発生した債権を受動債権として相殺できない具体例はこちらから
  4. 相手の債権が差押えられた後、自分の債権を得た場合
相殺と差押の具体例はこちらから

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について