宅地建物取引士資格試験の「代物弁済」を解説

宅建合格のために必要な「代物弁済」の学習すべき点は?

上記個別指導の募集終了まで あとカウントダウン

代物弁済

代物弁済とは
本来はお金を借りたから、お金で返さなければいけないものを 債権者の承諾を得て、土地などの異なるもので弁済することを言います。
覚えるべき点は以下にまとめてありますのでご確認ください。

代物弁済の重要ポイント
不動産で代物弁済する場合、所有権移転登記手続が完了して初めて、弁済完了となる
代物弁済の目的物は当事者が合意していれば、同価値のものでなくてもよい。そして代物弁済すれば、清算完了となる
代物弁済として金銭債権を譲渡する場合は、対抗要件が具備されているならば、その金銭債権の弁済期が到来していなくても、弁済としての効力が生じる
不動産で代物弁済して、その不動産に隠れた瑕疵があった場合は賠償責任が生じる

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について