宅地建物取引士資格試験の「弁済、第三者弁済」を解説

宅建合格のために必要な「弁済、第三者弁済」の学習すべき点は?

弁済、第三者弁済

弁済とは
例えば、「借りたお金を返す」「車の修理屋がお客様に預かった車を返す」などの行為のことです。
「お金を借りた側・車を預かった修理屋」は
それぞれ、「お金を返さなければばらない・車を返さなければならない義務・約束(債務)を負っています。
その約束を守ること(債務を消す行為)が弁済なのですね。

第三者弁済(代位弁済)

第三者弁済とは
弁済を、債務者ではなく、第三者が行うことを言います。
ここで問題になってくるのが、第三者の「誰でも弁済できるか?」 です。

結論からいえば、債務者が認めていれば、誰が弁済してもいいのですが、 債務者が認めてない場合は、利害関係人しか弁済できません。
言い換えると、債務者の意に反しても、利害関係人であれば 弁済できるということです。

では 利害関係人とは誰を指すのか?

  • 契約の当事者
  • 保証人 (連帯保証人、物上保証人)
  • 抵当不動産の第三取得者
  • 後順位抵当権者

ここで注意が必要なのは、親や兄弟などの親族は利害関係人ではないということです。 試験でひっかけてくる可能性があるので注意してください。

ちなみに、上記第三者弁済できる利害関係人を見て、見覚えありませんか?
そうです!
時効援用できる者と同じです!

効率的に記憶していくには、物事をつなげていくことが重要です。
そうすれば、一つ引っ張れば、複数のことを頭から引っ張ってこれます。

受領権のない人に弁済をした場合、その弁済は無効となりますが、有効となる場合もあるんです! ⇒  受領権がない人に弁済して、その弁済が有効になる場合

また、代位弁済、第三者弁済すると、弁済したものが、債務者に弁済した分を返して!と言える権利を得ます(求償権

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について