宅地建物取引士資格試験の「時効(取得時効と消滅時効)」を解説

宅建合格のために必要な「時効」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

時効

時効とは、本当の権利と現実の状態と食い違いが生じている時に、長期間経つと、現実の状態を優先させる制度を言います。
この文だけ見ても分かりずらいので、2つの例を示します。

時効の種類

取得時効

他人の土地を長期間使用していると自分のものになるという制度
これを取得時効と言います。

消滅時効

借金していたが、相手からずっと請求も何も何もないので、借金がなくなってしまう制度
これを消滅時効といいます。

ただ、上記2つの例について、単に時間が経つだけでは時効が成立するわけではありません。 時効が中断する場合もあるんです。つまり、今迄経過してきた時間が振り出しに戻るということもあるということです。
時効の中断事由はこちら

そして、時効が成立すると、その効力は、その行為が始まった時点まで遡ります。(時効の遡及効
例えば、土地を平成5年9月1日から占有し続けて、平成25年8月31日に時効が完成した場合、占有を開始した、平成5年9月1日から、その土地の所有者は占有者のものとなります。

宅建メルマガ

関連記事
時効とは  /  時効の中断事由 /  時効の援用  /  時効利益の放棄  /  取得時効  /  消滅時効

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について