宅地建物取引士資格試験の「履行不能」を解説

宅建合格のために必要な「履行不能」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

履行不能

契約後はしたものの、お互いの債権、債務履行していない場合があります。
例えば、下図を見ると、お互いが「お金の支払い」と「土地の引渡」をまだ終えていない場合ですね。

履行不能の例

そして、契約してから、お互いの債権債務を履行するまでに、債務者の責任で、履行できない場合があります。
例えば、上記例でいうと、Bのタバコの不始末が原因で、引き渡せなくなった場合です。
これを、履行不能と言います。

そして、履行不能となった場合、債権者(本人A)は直ちに契約解除をすることができ、さらに、債権者に損害が生じていれば、併せて損害賠償請求もできます。

一方、東日本大震災のような地震が原因で、建物が津波に流され、引渡ができなくなった場合は、債務者の責任ではありません。
このように、債務者の責任ではく、履行できなかった場合は、履行不能(債務不履行)とは言わずに、危険負担と言います。

宅建メルマガ

関連記事
不法行為  /  不法行為に基づく損害賠償債務  /  債務不履行 /   履行遅滞   /   履行不能   /   同時履行の抗弁権   /   危険負担  /  不完全履行   /   損害賠償請求   /   損害賠償額の予定   /   契約解除   /   債権譲渡とは  /  異議をとどめない承諾とは   /   債権者代位   /   債権と債務

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について