宅地建物取引士資格試験の「相続放棄と承認」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「相続放棄と承認」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

相続放棄と承認

相続人は、必ずしも相続しないといけないかというとそうではありません。
例えば、被相続人に多額の借金があるなど、相続したくない場合も存在してきます。
そこで、被相続人には3つの選択肢があります。
選択できる期間は、自己の為に相続開始があったことを知った時から3ヶ月以内です。

  • 単純承認
    資産も負債も含めて全部相続する形です。
    各相続人が単独でできます。
  • 限定承認
    プラスの財産の範囲で負債を返えす形です。つまり、プラスの範囲を超えた負債については責任を負いません。
    相続人全員で共同して行わないといけません。
  • 相続放棄
    何も相続しません。
    また、相続の開始前に相続を放棄することができません。
    そして、相続放棄すると代襲相続ができないので注意!
    各相続人が単独でできます。

一度、相続の承認、放棄がなされると、原則として撤回することができません
ただし、相続の承認、放棄が「錯誤で無効になる場合」「詐欺で取消しになる場合など」には例外的に撤回することができます。
その場合、家庭裁判所に申述して行わなければなりません。

宅建メルマガ

関連記事
相続  /  相続の計算(法定相続分)  /   欠格と廃除  /  代襲相続  /  相続放棄と承認  /   遺産分割の禁止  /   遺言・遺贈  /  遺留分・遺留分減殺請求

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について