宅地建物取引士資格試験の「借家権の存続期間と対抗要件」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「借家権の存続期間と対抗要件」の学習すべき点は?

借家権の存続期間と対抗要件

借家権とは建物の賃借権のことです。
明らかな一時使用や使用貸借は借地借家法が適用されません。

存続期間

建物賃貸借契約の存続期間の規定はありません。自由に期間を設定できます。
ただし、1年未満で定めると、存続期間の定めのない契約とみなされます
土地の賃貸借契約(借地権)の存続期間は最初は30年、次は20年、それ以降は10年です。
比較してきちんと覚えておいてください。

借家権の対抗要件

借家権を第三者に対抗するためには以下のいずれかに該当しなければなりません。

  1. 借家権の登記
  2. 建物の引渡(賃借権の登記不要)
借家権の登記をす るためには大家の承諾が必要です。一般的に、大家は承諾してくれません。
それでは、賃借人を保護できないので、
登記がなくても建物の引渡を受けていれば第三者に対抗できると借地借家法で規定しました。

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について