宅地建物取引士資格試験の「強迫(当事者間、第三者との関係)」を解説

宅建合格のために必要な「強迫 (当事者間、第三者との関係)」の学習すべき点は?

上記個別指導の募集終了まで あとカウントダウン

強迫(当事者間、第三者との関係)

強迫とは、他人を脅して畏怖させることです。
そして、強迫による意思表示は取消すことができます

第三者から強迫された場合

第三者に強迫された場合、本人は取消すことができる。

第三者CがAを強迫して、AB間の契約を結ばせた。
この場合、Bを保護するのか?強迫されたAを保護するのかが問題となる。
結論は
強迫の事実についてBが知っていても(悪意)知らなくても(善意)Aは契約を取消すことができます
この点、詐欺の場合は、Bが善意の場合でないと取消すことができないので注意してください。
つまり、相手方より、強迫を受けたものを保護します。

強迫により契約した後、物が第三者に渡ってしまった場合

強迫されて売却した物が、第三者に渡っても、強迫された者が保護される

この場合も、強迫を受けたものを保護します。
強迫の事実についてBが知っていて(悪意)知らなくても(善意)Aは契約を取消すことができ、
さらに、第三者に所有権が移っても、取消しを理由に、所有権をAに戻してもらえます。
つまり、
強迫を受けたものは、当事者の相手方にも第三者に対しても、取消しにより対抗できます。
そして、この第三者が取消し前に現れた善意の第三者であっても、強迫を受けた者は保護されます。

  • 強迫を受けた者は取消し前の善意の第三者であろうが、強迫された者が保護されます。
宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について