宅建に関する法改正案

宅地建物取引士試験に関する法改正案(2015年、平成27年)

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

宅建に関する民法改正について

平成27年2月10日、契約ルールなど債権に関する規定を見直す民法改正要綱案が決まりました!

平成27年の宅建試験では出題されませんが、今後の法改正の流れとして参考にしていただければと存じます!

今回の法改正の内容を一言で言えば「消費者保護のための法改正」と言えます。改正項目は約200個あるのですが、その中でも、宅建の試験範囲でもある「敷金」と「保証人」について解説します。

敷金

賃貸で借り手が債務を担保する目的で貸し手に交付する金銭と定義。
借り手は生じた損傷の原状回復義務を負うが、経年変化は対象外となり、経年変化による損傷はこれまで国土交通省のガイドラインでも言われていた「貸主負担」を民法に定める形です。

賃貸借契約の保証人

保証人は、賃貸マンション の契約の保証人について、保証人が負う限度額の規定を義務づけるようになるようです。


宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について