宅建試験で時間が足りない原因は?

宅建試験は、限られた時間との戦い

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

宅建試験で時間が足りなかった方へ

宅建試験は2時間ですよね。
その2時間(120分)で宅建の問題50問を解かないといけません。
っということは、単純計算で、1問当たり2分ちょっと
1問当たり選択肢は4つあるので、
1選択肢あたり、30秒しかないんです・・・・

つまり、宅建の試験中ほとんど考える時間なんてないんですよね(--;)

宅建試験は、時間との戦いといっても過言ではありません。

限られた時間内に、どのように得点を重ねていくかが勝負です!

■言い換えれば、
時間内に得点を取る訓練あなた自身がしてきたかが試されているんですよ!

あなたは訓練してきましたか?

 

■訓練していないのであれば、焦って当然・・・

準備不足です・・・

 

これであなたは、一つやるべきことが見えてきたわけです!
時間内に解く訓練が必要だということを(^^)

是非、今日から訓練してください!

■LETOSでは、これ以外にも、宅建試験で得点を取るために必要な訓練を実践し、習得してもらっています♪

是非、あなたも通信講座のメンバーになって、
運に頼らず、取るべくして宅建を取得してみませんか?

→LETOS通信講座はこちら

金額も、今は安く設定しているので、是非、体験してもらいたいです♪

急に価格を上げる予定なので、お早めにメンバーになっていただけばと思います!

宅建の学校に通っている方や、別の通信講座を受けている方も受講されているので、それだけの価値はあると思います!

LETOS
小野

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について