平成24年の宅建過去問、宅建試験問40の解答と解説

宅地建物取引主任者試験の過去問を解いて、一発合格/宅建業法総合

上記「予想模試」の値上げまで あとカウントダウン

平成24年(2012年)問40/宅建過去問

次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。


ア.不当な履行遅延の禁止(法第44条)は、宅地若しくは建物の登記若しくは引渡し又は取引に係る対価の支払を対象とするのみである。

イ.宅地建物取引業者は、個人情報の保護に関する法律第2条第3項に規定する個人情報取扱事業者に該当しない場合、業務上取り扱った個人情報について、正当な理由なく他に漏らしても、秘密を守る義務(法第45条)に違反しない。

ウ.宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、従業者名簿を備えなければならず、当該名簿については最終の記載をした日から10年間保存しなければならない。

エ.宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備えなければならず、帳簿の閉鎖後5年間(当該宅地建物取引業者が自ら売主となる新築住宅に係るものにあっては10年間)当該帳簿を保存しなければならない。

1.一つ
2.二つ
3.三つ
4.四つ


 

 

【答え:3】


1・・・正しい

宅建業者は、その業務に関してなすべき宅地・建物の登記引渡し、または取引に係る対価の支払を不当に遅延する行為をしてはいけないと記載があり、この3つに限定しています。


2・・・誤り

個人情報の保護に関する法律第2条第3項に規定する個人情報取扱事業者に該当しない場合でも、宅建業法上の守秘義務はあるため、業務上取り扱った個人情報について、正当な理由なく他に漏らした場合は、違反となります。


3・・・正しい

①従業者名簿は、事務所ごとに備え付け、
最終記載日から10年間保存しなければなりません。
③さらに、取引関係者から請求があった場合は閲覧させなければなりません。

>> 事務所に備えるべきもの


4・・・正しい

①帳簿は、事務所ごとに備付け、
取引があった都度、取引内容を記載しなければなりません。そして、
各事業年度の末日をもって閉鎖し、閉鎖後5年間(当該宅地建物取引業者が自ら売主となる新築住宅に係るものにあっては10年間)当該帳簿を保存しなければなりません。


この問題は1の「のみ」という限定に迷わされますね。
本当にそれだけなのか?と疑わしいところです。
例えば、引渡時期については、約束の期限に引き渡すが、不当に建築を遅くした場合はこれに当たらないのか?と考えてしまいますよね。

一応条文通りということで、このような解答になりますが、本問は間違ったとしても大丈夫な問題です。


宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について