平成24年の宅建過去問、宅建試験問35の解答と解説

宅地建物取引主任者試験の過去問を解いて、一発合格/報酬

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

平成24年(2012年)問35/宅建過去問

宅地建物取引業者A社(消費税課税事業者)は売主Bから土地付中古別荘の売却の代理の依頼を受け、宅地建物取引業者C社(消費税課税事業者)は買主Dから別荘用物件の購入に係る媒介の依頼を受け、BとDの間で当該土地付中古別荘の売買契約を成立させた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものの組合せはどれか。なお、当該土地付中古別荘の売買代金は310万円(うち、土地代金は100万円)で、消費税額及び地方消費税額を含むものとする。

ア.A社がBから受領する報酬の額によっては、C社はDから報酬を受領することができない場合がある。

イ.A社はBから、少なくとも147,000円を上限とする報酬を受領することができる。

ウ.A社がBから100,000円の報酬を受領した場合、C社がDから受領できる報酬の上限額は194,000円である。

エ.A社は、代理報酬のほかに、Bからの依頼の有無にかかわらず、通常の広告の料金に相当する額についても、Bから受け取ることができる。

1.ア、イ
2.イ、ウ
3.ウ、エ
4.ア、イ、ウ


 

 

【答え:1】


 

土地:100万円、建物:200万円(消費税別)→取引価格:300万円

(売主)    (買主)
 B       D
 |       |
 A ―――― C
(代理)    (媒介)


ア・・・正しい

Aは代理なので、媒介の場合の2倍まで報酬をもらうことができます。
その場合、CはDから媒介報酬をもらうことができません。

本肢の場合、3つの条件を全て満たさないといけません。

①Aの報酬の上限は(300万円×4%+2万円)×1.05×2=29万4000円
②Cの報酬の上限は(300万円×4%+2万円)×1.05=14万7000円
③AとCの報酬を合計した金額の上限が29万円4000円

  >> 報酬の計算についてはこちら


イ・・・正しい

上記②のとおり、Cが上限の14万7000円が受領しても、Aは14万7000円を上限として報酬を受領できます。


ウ・・・誤り

上記②のとおり、Cが受領できる報酬額は14万7000円です。


エ・・・誤り

広告費用については、依頼主からの広告の申し出があった場合のみ請求及び受領できます。

 


宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について